「 めりーさんの高反発枕と比較 」一覧

めりーさんの高反発枕とYOKONE枕の効果や口コミ、特徴を比較してみた

めりーさんの高反発枕と横向き寝専用まくらYOKONEって、
思わず寝たくなる安眠枕として、どう違うのか気になります。

いびきを改善して疲れがとれやすくなった私が、効果や口コミ、特徴などを比較してみました。

めりーさんの高反発枕の効果と口コミ

%e3%82%81%e3%82%8a%e3%83%bc%e3%81%95%e3%82%93

【めりーさんの高反発枕】公式サイトはコチラ

肩こりや首こりを解消できる、めりーさんの高反発枕。
日本人の体型に合わせて設計されているのと、
高反発の枕が自然な寝返りを促すことで肩や首まわりの筋肉を休ませてくれることになり、肩こりや首こりの解消してくれる。

朝起きた時に肩や首まわりがスッキリして、軽~い感じになると、
「今日はしっかり寝れた~」っていう熟睡感、疲れがとれた感がして、
その日一日がものすごく活動的に過ごせるようになりますよね。

めりーさんの高反発枕の口コミ

「首と肩の痛みがかなり楽になりました。肩こりを気にすることなくなり仕事に集中できるようになった。」
「前の枕の時は、頭を枕の上に乗せると、首から肩にかけて違和感。寝付きが悪くて朝起きたときに目の下にクマができていました。
それがめりーさんの高反発枕から、首の違和感がほとんどなくなり、夜はスヤスヤと朝まで目をさますことなく眠れるようになりました。
「今までにない寝心地でクセになりそうです。枕が適度に頭を支えてくれるので、頭が沈み込まず、簡単に頭ぞずらすことができます。」

どんな人におすすめ?

・今使っている枕で肩や首まわりにコリを感じる人
・柔らかくて沈み込む枕が苦手な人

めりーさんの高反発枕のスペック

・材料:ウレタンフォーム(色:グレー)
・復元率96%
・外装生地の組成:ポリエステル100%
・製造国:中国
・サイズ:幅50cm×長さ30cm×高さ2~5cm
・重量 製品重量 約0.70kg
・外カバー:ポリエステル94%、スパンデックス6%(色:ホワイト)

横向き寝専用まくらYOKONEの効果と口コミ

dsc_0409

>>横向き寝専用まくら YOKONE2(1000円OFF!)の公式サイト

いびきを防止して疲れがとれやすくするのが、横向き寝専用まくらYOKONEです。
朝起きた時の疲れの原因の一つでもあるいびきを自然な横向き寝で解消してくれます。

特許の技術で頭・首・肩・腕の4点で支えて、
横向き寝に特化した呼吸をよりスムーズにしてくれる枕なのでいびき防止には最適です。

詳しいことは以下の記事にかいています。

いびきがうるさい眠れないを簡単に改善する方法!横向き寝専用まくらYOKONE

横向き寝専用まくらYOKONEの口コミ

「やっとめぐりあえた快眠枕。横向きに寝ることが多いのですが、いつも下になる肩、腕が邪魔になり、
寝返りを打つと必ず目が冷覚め、寝付きも悪く、眠りも浅い、肩、首のこりもひどい・・・
半信半疑で試してみましたが、心配も吹き飛ぶ寝心地の良さにびっくりです。」
「枕を使用し始めて、寝返りのたびに目が覚めていたのが少なくなり、夢ばかりみて疲れていたのがなくなりました。」
「全くいびきをかかなくなったそうです。疲れが残り、昼も少しの時間があれば居眠りしていたのが、ほぼなくなりました。」

どんな人におすすめ?

・とにかく、身体に負担のない寝方でいびきを防止したい人
・普段から横向き寝で寝ることの多い人

横向き寝専用まくらYOKONEのスペック

枕の大きさ:縦幅37cm横幅63cm
枕の高さ:約11cm(高い方)約5cm(低い方)
素材:ポリエステル100%
色:青・白・ピンク
枕カバー:洗濯丸洗いOK
お手入れ:中身のリラックスウレタン素材は陰干しのみ
お手入れ簡単です

めりーさんの高反発枕とYOKONE枕の特徴 一番の違いは?

一番の違いは、高反発か低反発かというところ。

素材別の説明を公式ページから見てみると、

めりーさんの高反発枕は、

「高反発ウレタンは元々はNASAのために開発された素材
人の体温や体圧によって変化しベストな状態で体圧を分散します。」

YOKONEの低反発枕は、

「ただの低反発素材ではなく、頭の重みを効率よく分散させる。
リラックスウレタン素材採用。」

なんか似たような感じ近い素材のように思えるかもしれないです。

これはどの枕にも言えますが、
自分に合うというフィット感が大事です。
そのために、素材にはある程度の柔軟性があります。

違うのは、反発する力です。
枕が頭を押してくる力ですね。

この反発の力が違うと寝返りが違う。

高反発枕は硬めで頭が沈み込まない⇒寝返りしやすい
低反発枕は柔らかく頭が沈み込む⇒寝返りしにくい

高反発枕は適度に頭を押し返してくれるので、寝返りのしやすさに違いが出ます。

一晩でする寝返りの回数は20~30回が平均と言われています。

それだけの回数寝返りしているなら、
低反発の沈み込むタイプのものでは首や肩に負担をかけてしまいます。

高反発枕だと、スムーズに寝返りが打てるので首や方への負担が少ないです。

最近の、安眠できる枕の主流は低反発の素材を使ったものが多く沈み込むタイプの枕が人気です。
なぜかというと、頭をつつみ込む形でフィットするのが寝心地が良いからです。

ただ、低反発でもYOKONEの枕は実際使用してみると、
低反発枕の中間ぐらいの中反発枕ぐらいで考えてみてください。
沈み込むまではいかず、寝返りするのに不都合を感じたことはないのです。

めりーさんのの高反発枕はいびき対策になる?

めりーさんの高反発枕もいびき対策できます。
それは、枕の高さを調整できるからです。

めりーさんの高反発枕は、仰向けで寝ることを想定しています。
枕の高さは、低いほうが2cmと高いほうが5cmの2つがあります。
高さ調整は1cmのシートが5枚分あるので、最大の高さは10cmになります。
自分で調整することで、アゴが下がって気道が狭くなることを防げるのでいびきにも一定の効果があります。

ただ、私が改善したように、いびきをかかないようにするには横向き寝になることをおすすめします。その場合でも、最大10cmの高さがあるのでYOKONE枕の高さ11cmとほぼ変わりません。
横向き寝で使用することでよりいびきを軽減できます。
いびきを改善することが安眠への近道になります。

めりーさんの高反発枕とYOKONE枕のどっちを選ぶ?

最後に簡単にまとめると、

めりーさんの高反発枕は、仰向けに寝る人の寝返りで肩こり、首こりを解消するのにおすすめです。
YOKONE枕は、横向きに寝る人のいびき防止して疲れにくくするのにおすすめです。

体型や寝方によって個人差が大きいので枕を選ぶのは難しいと感じるかもしれません。
でも、自分に合うという部分では共通していることがあります。
普通に寝た時にまっすぐに立っていたときのように、
頭と首と肩の隙間を埋めてくれるのが自分に合う枕になります。
枕を選ぶポイントにもしてください。

ちなみに、めりーさんの高反発枕なら90日間の返金保証がついているから、
お試しで使うことできます。

めりーさんの高反発枕
めりーさんの高反発枕の詳しい情報を見てみる

横向き寝専用まくらYOKONE
>>横向き寝専用まくら YOKONE2の詳しい情報を見てみる